レーザー脱毛には美白効果もある

レーザー脱毛はホクロやシミなどの色素沈着のある部分には向かないと思われがちですが、これらの色を薄くする美白効果もあります。

レーザー脱毛はメラニン色素に吸収されるレーザーを使用し、これを毛根に吸収させて、この時に発生する熱で毛母細胞を破壊するものです。毛根は皮膚の奥にあるため、毛根だけにレーザーを照射する事はできず、皮膚に対して照射します。

そのため、皮膚に含まれるメラニン色素にも吸収されて熱を持ちます。



ホクロやシミのような色の黒い部分はレーザーの吸収量が多くなるため、やけどの危険性があるとされていますが、使用されるレーザーは皮膚に対する吸収量を抑えた波長であるため、多少の黒さであれば照射できます。
医療レーザーはこのような色素沈着の治療としても使用されるものであり、メラニン色素を焼く効果もあります。これにより照射されたホクロなどはかさぶたのようになり、剥がれ落ちると色が薄くなります。

1回だけではそれほど効果はありませんが、レーザー脱毛は繰り返し行うものなので、脱毛が完了する頃には美白の効果を感じられるようになります。



ただし、専門の治療とは使用するレーザーや出力が異なっている場合もあり、十分な効果を得られない事もあります。



美白も目的にして利用するのであれば、脱毛と美白の両方を同時に行えると宣伝している医療機関を利用すると良いです。

なお、レーザーの照射を受けた皮膚は乾燥し、弱くなっています。

保湿や紫外線対策を行い、擦れたりしないようにアフターケアを心がけなければ色素沈着を起こしてしまう事があるので注意します。