レーザー脱毛の原理を理解すれば安心して利用できる

レーザー脱毛の原理を理解すれば、安心してその施術を受けることが出来ます。

レーザー脱毛の原理は、脱毛をするためのレーザーが黒い色素に取り込まれやすいという性質を利用することなのです。

体毛に存在しているメラニンは、レーザーのような光を吸収すると熱くなります。



熱くなった熱は熱エネルギーというエネルギーに変換されることになるため、このエネルギーによって体毛は破壊されることになるのです。



一般的な体毛の処理のように単純に剃ったり抜いたりするわけではなく、細胞そのものを壊すことになるため、その修復には必ず時間がかかることになります。
だからこそ、レーザー脱毛は永久脱毛の一つとして人気を集めているのです。

人間の体毛は、例外なく毛乳頭という部分が身体の血液から栄養分を受け取っています。

例えば、頭皮に髪の毛が生えてくるのは、身体の血液に存在している栄養分を毛母細胞が毛乳頭に運んでくれるからなのです。

毛乳頭が栄養分を蓄えることによって初めて体毛は成長することができます。

レーザーを利用すると、この毛乳頭を物理的に破壊することが出来るため、栄養分を体毛そのものに対して送ることができなくなります。
そのため、次の毛を生産することができなくなってしまうのです。また、レーザー脱毛と一言で行っても色々な種類があります。

より身体に負担をかけない光だけの脱毛をすることもできるため、原理を理解すればそれが身体にとって悪い影響がないということがわかるのです。